患者さんが「がん遺伝子検査」を受けるためのご予約方法検体や書類の準備について、医療機関の方へのお願い事をまとめました。ご確認のうえ、ご対応をお願いいたします。

検査のご予約方法

保険診療の場合

慶應義塾大学病院セカンドオピニオン外来をご予約ください。

必要書類や送付先等の詳細は慶應義塾大学病院ホームページ内「セカンドオピニオン外来(対面)の申し込みから相談終了までの流れ」をご確認ください。

自費診療の場合

慶應義塾大学病院へ電話にてご予約ください。
がん専門初診外来予約窓口:03-5363-3020
(電話受付時間:診察日の午前8時30分~午後4時00分)

必要書類や送付先等の詳細は慶應義塾大学病院ホームページ内「診察のご予約の流れ」をご確認のうえ、がん専門初診外来予約窓口へお電話ください。

既往病理診断報告書についても、検査用検体の選定において重要な情報となりますので、可能な範囲でご提供をお願いいたします。検査所見、CT、MRI 等の画像データの提出については必須ではありませんが、結果の解釈や推奨治療法の選定において参考になる場合がありますので、可能であればご提供をお願いいたします。

病理検体の準備について

1回目の受診後に、病理検体をご準備いただきますので、ご予約前に病理検体の有無をご確認ください。核酸抽出検査を行うための手術・生検時のホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)から作成された未染色標本が必要となります。

ご用意いただく病理検体

  • HE標本3枚(未染標本を作製したものと同一ブロックから作製)
  • 未染色標本4枚(5 μm厚・コーティングガラス)
  • 未染色標本10枚 (10 μm厚、ノンコーティングガラス)

病理検体とあわせてご用意いただく書類

  • 病理診断書のコピー
  • 該当するブロックが記載されている切り出し図のコピー

病理検体がない場合は先に検査の可否についてゲノム医療ユニットまでご相談ください。尚、予約確定後、使用する病理検体の選定についてのご案内を、こちらの担当者よりご連絡させて頂きますので、診療情報提供書内に連絡先を明記願います。